インターネットサポートセンターCPUのホームページです。ホームページの制作、パソコン・インターネットのサポート・レッスン、およびパソコンソフト・ハードの販売をしております。

インターネットの初期の段階からサポート業務を始めており、この分野のトップランナーといえます。お客様のホームページをお作りし、管理いたします。きっとご満足いただくことができるでしょう。

MacとWindowsどちらでもサポートいたします。

中小企業様歓迎・出張可です。

I  N  F  O  R  M  A  T  I  O  N

 Windows 10について
(1) Windows10は今現在、Microsoftが提供する
最新OSであり、Windows7と8.1のユーザーに対し

て は、2015年7月29日から2016年7月29日まで

無償 でアップグレードできるようになっている。
Windowsの最新OSへの無償でアップグレードとい

う キャンペーン自体Windows史上初です。

Microsoftが1年間も無料でWindows10を提供す

る狙いとして は、有料での提供を行った場合、

Windows10への OSへのユーザーの移行が時間

がかかる、と考えて いたからでしょう。Windowsは

特に95が出た時のフ ィーバーは凄かったですが

それ以降はバージョンが 新しくなってもMicrosoft

の想定よりはユーザーの 移行のスピードは遅か

った。そのため、今回Microsoftは従来のOSから

Windows10への移行 化をスムーズに進めるため

に、とりあえずお試し期 間という事で無償で提供

する事によって手軽に慣れ てもらい、それによって

一定のWindows10へ の定 着率が見込めれば、段

階的に有料サービスを追加 提供していく戦略を取

っていくという事でしょう。また、 サポートの観点

から考えても極力古いOSのサポート は絞りたいと

考えているはずで、そういった様々な 要因が重な

り合いこの度の無償アップグレードに踏み切ったの

ではないでしょうか。
(2) Windows10へのアップグレードする際の注
意点
Windows10へのアップグレードをする際には、皆さ
んも薄々気付いていると思いますが、IEを使ってい
る方はブラウザの仕様が別の物(Microsoft Edge)
に変更されるため注意しましょう。また、あくまで無
償アップグレードが可能なOSはWindows7と8.1を
使用している方限定であるため、XP、Vistaを使用
している方は出来ません。それに加えて、ややこし
いのが仮に自分のパソコン自体はWindows10に対
応していた場合でも、そのパソコンにインストールし
てあるソフトや、そのパソコンの特有の独自機能に
よって、Windows10へのアップグレードが不可にな
る場合もあります。各メーカーのウェブサイトを見る
ようにしましょう。特にノートブックは要注意です。

特殊な部品が使われていることが多いからです。

また、 アップグレードに成功しても、常駐ソフトや

接続して いる機器等によっては、Windows10との

相性が悪 いせいで不具合が生じる危険性もある

ため、これだ けはどうしてもアンインストールした

くない、というソフトがある方はあらかじめ

Windows10の環境下で も正常に作動するかどう

かチェックをしておく必要が あります。万が一

Windows10の環境に馴染めず、 元の環境に戻り

たいという方はアップグレードから 31日以内であ

るならば、直前の環境に戻すことが できます。
(3) Windows10のメリットとデメリット
① まずメリットとしては、1年間は無償でアップ
グレードできること。
サードーパーティーツールを一切使用しない仮想
デスクトップによって複数のデスクトップを同じOS
環境下で同時に使えるようになること。
生体認証システムのおかげで、わざわざパソコン
起動時にパスワードを入力せずとも顔パスで済む
こと。
大幅に改良されたAeroスナップなど、ユーザー
インターフェースの設計に関しては、より直感的に
操作可能なのが増えていることなどが挙げられま
す。
更に従来のOSと比較して、ゲーム機やスマート
フォンなどの複数のデバイスを同時に利用できる
マルチプラットフォームとしての性格を持っている
こと、全体的に従来OSと比較して軽量化を達成
しており、動作が軽快であること、などです。
② デメリットとしては、従来のOSを使い続けて
きた方にとっては慣れるのに時間が掛かること、
あくまで7や8に追加機能を搭載したような設計
であるため、今のOSで満足している人にとって
は劇的なメリットが感じられにくいこと。Windows

10に対応していないソフトなどがまだ数多く残っ

て いるので、そもそもアップグレードできないか、
アップグレードに成功しても不具合が生じる可能

性がある、ということが挙げられます。
上述しましたが、最悪の場合、元のOSに戻せま

す。







 (4) これまでマイクロソフトは、Windows

Updateを自動更新に設定しているWindows 7/8.1

のユーザーに対して、Windows 10へのアップグレー

ドを促す内容を画面に表示していた。これが頻繁に

表示されることに閉口していたユーザーも多かった

が、これまではユーザーの意思でアップグレードの

日付を設定できたし、アップグレードを拒否する操

作も簡単にできた。 だが、5月13日以降は表示が

変わり、「Windows Updateの設定に基づき、この

PCは次の予定でアップグレードされます」と書かれ、

アップグレード予定日時まで表示されるようになった。

Windows 10にアップグレードすることを前提とした

文言へと変更されたのだ。利用者が拒否しないま

まだと、自動的(強制的?)に、Windows 10にアッ

プグレードされるように変更された。 しかも、文字

が表示されたアプリの右上の[X]ボタンを押しただ

けでは、アップグレードを拒否したことにはならない。

これまでは[X]ボタンだけでキャンセルできたが、現

時点では、ウィンドウが閉じるだけで、記載された

スケジュールでWindows 10にアップグレードされて

しまう。つまり、知らない間にWindows 10にアップ

グレードされてしまったり、自分が意図しないタイミ

ングでアップグレードの作業が始まってしまったり

ということが起こりうるわけだ。今回は、明示的に

拒否しておかないとアップグレードされてしまう点

が、これまでとは大きく違う。 意思に反してWindows

10にアップグレードされてしまったユーザーの苦情

が殺到したため、日本マイクロソフトはキャンセル方

法を動画で公開した。「Windowsをアップグレードし

ています」という画面になったら、もうキャンセルは

できない。電源を切らずに静かに終わるのを待つ。

アップグレードを拒否するには、「アップグレードの

予定を取り消す」をクリックすればいいのだが、日本

マイクロソフトでは、「『アップグレードの予定を取

り消す』をクリックすると、アップグレードのスケジュ

ールが一旦取り消されますので、アップグレード

日時をご検討ください」と、あくまでも一時的な取り

消し操作であることを強調している。“Windows

10へのアップグレード前提”という姿勢は崩さない

のだ。この通知アプリは、5月13日に公開された

修正プログラム「KB3095675」がインストールされ

ていると起動する。日本マイクロソフトでは、これを

「アプリの通知内容およびナビゲーションの最適

化」と表現しているが、Windows 10にアップグレ

ードしたくないと考えているユーザーにとっては、

決して「最適化」とはいえないだろう。
ちなみに、意思に反してアップグレードされてしまっ

たユーザーがあまりに多く、それに対する苦情が殺

到したことから、日本マイクロソフトでは、5月21日

から、「Windows 10アップグレードが開始された後

のキャンセル方法」を動画で公開しているという始

末だ。

Windows 10へのアップグレードをしたくないときは、
Windows 10へのアップグレードが終わった後、上

のような画面が出るので、「拒否」をクリックするこ

と。
https://mix.office.com/watch/ikvhtn5xb7mu

(5)  消費者庁は2016年6月22日、Windows 10

に意図せずアップグレードしてしまうユーザーが続出

している問題について「確認・留意が必要な事項に

ついて」と情報提供する資料を公表した。


資料では、アップグレードを行うかどうかに関わら

ず確認・留意しておきたい事項として、ソフトウェアや

周辺機器のOS互換性を事前に調べること、作業中は

PCを利用することはできないこと、アップグレードを行

わない場合の予約キャンセルの仕方、途中で電源を

切ったり強制終了したりしないように、元のOSに戻し

たい場合は1カ月以内に――などを記載している。

Microsoftの独占的な地位を利用した強引なやり方

には批判が続出している。

Copyright (C) 2016 CPU Inc., All Rights Reserved
服部指さしイラスト
       店  長
事務所を再度移転しました。新事務所でも従来にも増してウェブページ制作、パソコン・インターネットのサポートを行ってまいりますのでよろしくお願いいたします。
CPUの新住所
〒190-0001
東京都立川市若葉町2-37-13
Email:cpu@cometogether.com
電話 042-534-9468
ファックス 042-534-9469
携帯 090-4023-7688

Welcome to CPU Inc. Web Page in Tokyo,Japan! At a low price we create Cool Web Pages, provide supports of computer or internet, give private lessons in how to use internet, how to recover your PC and how to create Web Pages. If you have any questions and would like to order, please send e-mail to us.